2016年11月11日

チームラボの新作動画や伊藤若冲も! 「禅−心をかたちに−」後期展示

※写真は美術館より特別に撮影の許可をいただいて撮影

DSC_0222.JPGDSC_0226.JPGDSC_0251.JPG

11月8日(火)に、東京国立博物館 平成館(東京・上野)で、「禅−心をかたちに−」後期展示開始に合わせて開催されたブロガー内覧会に参加して、teamLab(チームラボ)の新作動画や、2種類の「慧可断臂図(えかだんぴず)」、特別出品されている伊藤若冲の作品などを鑑賞した。国宝にもなっている、参禅の決意を示すために腕を切り落とした後の慧可を描いた雪舟の作品に対して、白隠の作品は腕を切り落とす直前にも関わらず、和やかなタッチで、大きな円の中にひげ面の人物が描かれていて、ユーモラスに感じる。

DSC_0020.JPGDSC_0006.JPGDSC_0238.JPG

また、入り口近くに、teamLab(チームラボ)の新作動画「円相 無限相」が上映されている。水の中で墨の筆を走らせているようなCGで、墨の線がさまざまな円や8の字を描いた後に、じんわりと散って消えていったり、魚が泳ぐ様子が十数分にわたって繰り返され、最後まで再生されると、また最初からリピートする。来年1月のロンドンでの発表に先駆けての公開で、動画を撮影してyoutubeにアップしても良いとの許可をいただいた。



他にも、織田信長や一休宗純などの肖像画や、狩野山楽の龍虎図屏風、茶器など多彩な展示物に加えて、伊藤若冲の「旭日雄鶏図」と「鷲図」も見られてラッキー! 禅のことはほとんど知らなかったけど、思ったより多彩な展示内容で楽しかった。

禅-心をかたちに-
http://zen.exhn.jp/

・会期:2016年10月18日(火)-11月27日(日)
・休館日:月曜日
・開館時間
 9:30-17:00(金曜日は20時まで)
・会場:東京国立博物館 平成館
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.tnm.jp/


posted by 豆ジャム at 21:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏当選で安倍総理が素早い反応!

民進党の議員や、一部のメディアが「大統領選の最中、安倍総理はヒラリー候補には会ったのにトランプ候補を無視した」とか報道してたけど、実際は、選挙期間中にトランプ氏の選挙スタッフが来日して接触したり、安倍総理が渡米した際に、トランプ氏にも連絡して、本人との面会は実現しなかったが、トランプ氏のアドバイザーと会談したらしい。

麻生さんも「日本の偏った新聞の多くは予想外としたみたいで、よほど我々の選挙予想の方が当たるなぁと」と発言したそうだし、17日(木)にはさっそく安倍さんが渡米して首脳会談とか、さすが安倍さん、対応が素早い。外務省がトランプ氏を泡沫候補扱いしてたのは確かなようだし、民進党政権だったらと想像すると怖いわ……。

安倍晋三首相が対トランプ外交で速攻 トップダウン志向2人、ウマが合うか

http://www.sankei.com/politics/news/161111/plt1611110006-n1.html

以下は個人的なメモ。

【ロシアと日本の交渉】

・安倍総理にプーチンとの会談取りやめを要請したオバマ政権のように足を引っ張ることはないかも。アメリカ、ロシア、日本で中国包囲網を築けると良いんだけどなあ。

【経済政策】
・大規模減税と国内インフラ投資がメイン。相続税をゼロにするとか言ってるのはどうかと思うが悪くないと思う。

【外交・安保】
・ペンタゴンや側近が説明するから大丈夫、独断で何かを変える知識もない(デーブ・スペクター氏)

・専門家が最初は手を貸さないかもしれないので、1〜2年は試練が続くだろうが、安倍総理なら日米同盟の重要性を理解させられる(アーミテージ氏)

【環境政策】
・「温暖化問題は中国のでっちあげ」としており、石炭火力の容認もあり得る。

【レームダック化のリスク】

アーミテージ氏が指摘していたように、トランプは共和党内部でも不人気で、本来ならブレインとなるべき人材がサボタージュする可能性がある。その場合、政権初期からレームダック化のリスクはある。しかし、共和党の方が日本にとってマシなので、共和党主導の議会とならうまくやっていけそう。

とりあえず、短期的な円高株安のリスクがたった1日で収束して良かった!


posted by 豆ジャム at 18:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

トランプ大統領の誕生とポリコレ

なんと、ついにトランプ大統領が誕生! 実際には、トランプ大統領は意外と現実的な路線をとらざるを得ないとは思うし、安倍さんならうまくコントロールできそうな気もするけど……。

今回のトランプ勝利を招いた原因は、トランプに投票する奴はバカで無教養な貧乏人などと支持者をコケにしまくったマスコミと、きれいごとばかり唱えて現実を無視してきた、リベラル中心のエリート層が唱えてきたポリティカル・コレクトネスへの反発に尽きるだろう。「トランプを当選させるなんて、アメリカ国民はバカじゃないの!」という意見こそがトランプ大統領を実現させた要因と言えるんだろうね。

日本でも、マスコミやリベラル勢力は、安倍総理を支持する奴は最下層の差別主義者でネトウヨってことにしたいみたいだよね。というか、安倍総理は自分の気持ちを素直にはき出しまくったりしないけど。

ちなみに、ポリコレは、政治的に中立というよりも、差別的でない中立的な発言をしようという意味でとらえられているようで、大学教授が文法の誤りを指摘したら、「白人の差別に対向するために黒人が作り上げた言語体系だ」とか言い出したり、「アメリカは人種のるつぼ」、「人類はひとつ」もダメとか、いくらなんでもやりすぎだわ。

トランプ大統領の誕生は、「正直に自分の気持ちを言っても良いんだ!」という、ポリコレという抑圧への反発が理由でもあるんだろうなあ。まさに、これぞ民主主義だわ。

アメリカ人、差別批判が怖くてうかつに口を開けず
エスカレートする「ポリティカルコレクトネス」に四苦八苦

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47893


posted by 豆ジャム at 18:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする