2015年08月28日

衝撃の6カ月と3分クッキング

昨日放映された「キユーピー3分クッキング」で、半年間醤油につけ込んだニンニクを使ったチャーハンのレシピが紹介されて衝撃を受けた。半年も待たないと作れないのかよ! 番組史上、最も時間がかかるレシピだったりして。料理番組って、たまーに目を疑うような回があるから見逃せないよねえ。

にんにくのしょうゆ漬け
http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20150827.html
にんにくチャーハン
http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20150827_2.html

posted by 豆ジャム at 16:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

アメトークのイジリー岡田で大笑い

木曜の夜は、アウトデラックスの後にアメトークを見て、しくじり先生で締めることが多い。

今日のアウトデラックスは、1人目に割り箸で骨折を治す女性格闘家が登場! 指を骨折したら自分で引っ張って、出っ張りを叩いて骨をつなぎ合わせてから割り箸を当てて、包帯を巻いて病院に行った感じを出すという流れだった。うわあああああ、いててててて。ワイルドすぎて体中から力が抜けたわ。

続くアメトークは下ネタ苦手芸人で、ラストにイジリー岡田が登場! 足立梨花の楽屋に侵入して、使用済みの割り箸を唇の前で左右に分けて、箸の間から舌を高速出し入れとか、歯ブラシを口に入れてタバコのように吸ってかっこつけるとか、芸術的な下ネタのお手本披露に大笑いした。今月一番笑ったかも。

しくじり先生はジャルジャルが出てたけど、よく知らないので個人的にはイマイチだった。

そういえば、「ドクターX」は安定しておもしろいけど、大門美知子のキャラクターがシーズンごとにどんどん極端になって、最近では単なるアホの子に見えてしまう。以前、寿司屋のカウンターでくだを巻くシーンにはどん引きだったわ。

posted by 豆ジャム at 01:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

「君が僕の息子について教えてくれたこと」

君が僕の息子について教えてくれたこと
http://www4.nhk.or.jp/P3229/

先日、NHKで放送された、自閉症の東田直樹さんに関するドキュメンタリーを見て、涙が止まらなかった。自閉症についてはかなり曖昧だったというか、ほとんどまったく理解していなかったけど、通常の方法で会話ができないだけで、むしろ感受性が強くて、“普通の人”よりも他人の気持ちに敏感で、豊かな感性と言語感覚を持っているんだね。

東田さんは、脳の機能的な問題(言葉を話す「ブローカ野」と言葉を理解する「ウェルニッケ野」をつなぐ神経繊維の異常)で、通常の方法では会話できないが、現在は、PCのキーボードを使えば文章が書けるし、キーボードと同じ配列でアルファベットを並べた紙を用いて他人とのコミュニケーションが可能になっている。

13歳だった東田さんが書いた「自閉症の僕が跳びはねる理由」という本は、自身も自閉症の息子を持ち、日本語教師の経験があるイギリス人作家のデイヴィッド・ミッチェルさんによって英訳され、今では20か国以上で出版されている。ミッチェルさんは、息子が床に頭を打ち付けたり、奇声を発する姿に悩み、苦しんでいたが、東田さんの本を読んで、「まるで息子が自分に語りかけているように感じた」とのことだった。

本の中で、東田さんは「自分の体さえ自分の思い通りにならなくて、じっとしていることも、言われた通りに動くこともできず、まるで不良品のロボットを運転しているようなもの」と述べている。一方で、MR検査によって他人の意図を読み取る右脳の一部が健常者よりも大きいと判明し、脳のうまく働かない部分を補うために、他の部分が発達している可能性が示唆された。

東田さんは他人の視線、言葉、感情に人一倍敏感で、「周りの人の刺すような視線が辛い」、「思いはみんなと同じなのに、それを伝える方法が見つからない」。ミッチェルさんからの、自閉症の息子に、父親として何をしてやれば良いかとの問いに対しては、「そのままで十分」と答え、「僕のために誰も犠牲になっていないと、子ども時代の僕に思わせてくれたのが僕の家庭のすごいところです」「自分がつらいのは我慢できます。しかし、自分がいる事で周りを不幸にしている事には、僕たちは耐えられないのです」と続ける。

私は、本音や素直な気持ちをうまく言葉にできなかったり、コミュニケーション能力の足りなさに悩む場面が多い。「成功からほど遠いように見える人の瞳にもきっと、美しい山が映っています」という言葉に心が震え、救われた気がした。

1人でも多くの人に知って欲しいけど、8月と9月に2回再放送されて、それ以降の放映予定はないようで残念。この番組を見られた幸運に感謝したい。

「全ての人に読んでほしい」日本の自閉症の少年が書いた本
『自閉症の僕が跳びはねる理由』が海外でも絶賛:海外の反応

http://sow.blog.jp/archives/1011416074.html




posted by 豆ジャム at 11:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする