2016年07月08日

旨味とコクがまとわりつく海亀のスープ! 正当派フレンチ「アピシウス」

160702_1253541.jpg

週末、有楽町に映画を見に行くついでに、映画館のすぐ近くにある「アピシウス」というフレンチの店で、ずっと前から気になっていた「青海亀のコンソメスープ シェリー酒風味」(Lサイズ:3,980円)を飲んでみた。生まれて初めて飲んだ海亀のコンソメスープは、口中に旨味がからみつく! スッポンのスープに近いけど、えぐ味に近いコクがかなり強くて、舌にまとわりつき、実際はさらりとしたスープなのに、とろみがあるように感じる。シナモンのような甘い香りがあり、突出した旨味とコクが、不快感にならないぎりぎりのタイミングで留まってるのがすごい。一口飲んだら夢中になってしまい、一気に飲んでしまった。

ちなみに、今回は、一番安いランチコース(5,400円)にスープを追加した。海亀はワシントン条約で捕獲が禁止されてるけど、昔から貴重なタンパク源として利用してきた小笠原の母島では一定数の捕獲が許されており、アピシウスではそれを流用している。

IMG_20160702_123825.jpgIMG_20160702_124258.jpgIMG_20160702_124254.jpg

コースの「フォワグラ、霧島産雉、クラテッロのテリーヌ」は大きくて食べ応えがあり、味が濃厚だった。「オーストラリア産仔羊肉アッシェのパネソテー ショロンソース」はメンチカツのような一品で、あまり印象には残らなかったけどやはり予想よりボリュームがあった。

160702_1304481.jpg160702_1319041.jpg

2皿と3種類のパンを食べた時点で結構満腹になってきたけど、ワゴンデザートがどれもおいしそうだったので、全種類を盛り合わせにしてもらった。ブルーチーズのケーキは、チーズの香りと味が濃くてかなり好みだった。なんとかお腹の中に大部分を押し込んだけど、もうお腹がパンパンで苦しい!

途中で、「シャンパンなど飲まれますか」との店員さんのオススメに乗ってしまい、スタンダードシャンパン(Pol Roger Brut Reserve、2,160円)を追加したせいもあって、合計額は13,700円だった。人生で一番高いランチになってしまったけど、年に一度くらいなら贅沢しても良いかな。

ちなみに、男はジャケット着用が必須の正統派フレンチの店で、客は年配のカップルか女性二人組、比較的年齢の高い男性と若い女性の組み合わせばかりで、一人客は私だけだった。高級店なんて滅多に行かないし、いかにも場違いと自覚しながら、予約なしでいきなり行ったのに、素早くセッティングして、きちんともてなしていただいた。店員さんに感謝したい。

アピシウス
http://www.apicius.co.jp/
2016年07月09日
海亀の刺身は馬肉に似ている! 横浜・桜木町の「珍獣屋」

http://mamejam.seesaa.net/article/439847975.html

【余談】
ウミガメのスープの味を調べたいと思って検索すると、クイズばっかり引っかかって困る! カモメのスープとかにしてくれれば良かったのに……。



関連ランキング:フレンチ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅




posted by 豆ジャム at 19:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

行列の「金子半之助」の天ばらめしや「つじ半」の海鮮と稲庭うどんをセットで楽しめる「日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助」オープン!

ina011.jpgina021.jpgina031.jpg

2016年3月10日(木)、コレド室町2の地下1階に「日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助」がオープンした。連日行列ができる天丼屋「金子半之助」や海鮮丼「つじ半」の姉妹店で、メニューは、稲庭うどん(温・冷)とミニサイズの天ばらめしまたは海鮮丼がセットで1,280円、高菜めしとのセットが980円で、うどん大盛りとトッピングの鶏つくね2個がそれぞれ150円、生ビール1杯が500円(いずれも税込)となっている。

他の系列店と同様に、オープン初日は無料とのことで、開店の約1時間前に並んだら、10時の開店とほぼ同時に入店できた。さっそく、温かい稲庭うどん大盛と鶏つくね、「海鮮丼つじ半のぜいたくめし」のセット(合計1,580円)を注文! 店員さんに確認したら、丼や高菜飯単品での注文はできないとのことだった。

注文から30分ほどで運ばれてきた稲庭うどんは予想よりも量が多く、逆に、海鮮丼はだいぶ小さかった。稲庭うどんはツルッとした食感で、ツユはかなりあっさりしており、最初はちょっと物足りなく感じる。つくねは軟骨を使わないフワフワなタイプで、生姜がきいて好みの味だった。

海鮮丼はご飯がかなり少ないし、黄身醤油とワサビをつけていただく細切れのマグロ、海老、ハマチ、トビコ、イクラなどの海鮮もあまりインパクトはなかった。無料だから文句は言えないけど、あまりコスパは良くないかも。両隣の人が食べていた天丼の方が、小さな丼いっぱいに天ぷらが敷き詰められているので、お得感があると思う。

なお、テーブルには無料のトッピングを入れた箱が埋め込まれており、重い木製の蓋を開けると、温泉玉子、天かす、細切れの油揚げ、山菜水煮、とろろ昆布、金子半之助本店でおなじみのガリゴボウが無料で食べられる。海鮮丼とガリゴボウはよく合うし、稲庭うどんにたくさんトッピングを乗せると一気に豪華になり、薄味の汁に具材の風味が合わさっておいしくなる。うどんを大盛りにしたおかげで、結構満腹になった。

11時頃に店を出たら上の階まで行列が伸びており、2時間待ちとのことだった。近くにある天丼の金子半之助は相変わらずすごい行列で、と天ぷらめしの金子半之助も十人ほど並んでいた。

余談だけど、コレド室町って、コンセプトが中途半端な気がする。銀座に近い立地なのに、朝まで飲める飲食店をウリの1つにしてたり、その割に始発が動いてない朝4時頃に閉店の店があったり、日本橋の有名な洋食店が利用できる訳でもないし……。今回オープンした店舗は、コレド室町2の地下一階の角で、比較的目立たない場所にある。以前、ウニ専門店の「リッチョマニア」があった場所だけど、いつの間にか撤退しちゃったんだよねー。コレド室町がオープンした当初に入居していたジュレとスープの店、ドレッシングを扱う店など数店舗も閉店して寂しかったんだけど、最近開店した牛かつの店や、金子半之助のおかげでまた活気が戻ると良いな。

日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助<コレド室町2>

http://31urban.jp/store.php?iid=0013&tid=00000574
江戸前天丼「金子半之助」は平日18:30以降が狙い目
http://mamejam.seesaa.net/article/401375640.html
大行列の天丼店の姉妹店「日本橋 天ぷらめし 金子半之助」開店当日レポート
http://mamejam.seesaa.net/article/394299181.html

稲庭うどんとめし 金子半之助

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:うどん | 三越前駅新日本橋駅小伝馬町駅




posted by 豆ジャム at 15:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

すべてをかき消す強烈なしょっぱさ! 元祖富山ブラック

black.jpg

富山出張の際に、元祖富山ブラックラーメンを出している「西町 大喜」のとやまマルシェ店で、初めて富山ブラックをいただいたら、醤油しか入ってないのかと疑いたくなるほどしょっぱい! 実際には、スープからは豚骨の臭いがして、旨味もあるらしいのはわかるけど、ほぼ塩味しか感じない。てか、テーブルの上に置かれた黒胡椒を大量にかけても風味が変わらないのにびっくり。醤油にかき消されて、まったく黒胡椒の存在感がなかった。

労働者がしっかり塩分補給できるように、また、ご飯のおかずになるよう塩辛くしたらしいけど、いくらなんでもやりすぎだろ。しかも、スープだけならまだしも、大量に乗せられたメンマとチャーシューもかなりしょっぱくて、一口ごとに体から危険信号が発信される。“ご飯に合う”というより、白いご飯がないとしょっぱすぎて食べられない。

レンゲがどこにもなくて不思議だったけど、確かに不要だわ。どんなに辛党でも、絶対にスープは飲み干せないだろう。でも、バランスがおかしいだけで、まずい訳ではないのが不思議だった。

西町 大喜
http://www.nisicho-taiki.com/index.html

西町大喜 とやマルシェ店

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:ラーメン | 富山駅駅富山駅電鉄富山駅・エスタ前駅




posted by 豆ジャム at 17:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする