2015年08月31日

高円寺阿波踊りと保護猫カフェ

kouenji01.jpgkouenji02.jpg

30日(日)、高円寺に阿波踊りを見に行った。毎回思うけど、阿波踊りは炎のようだった。踊り手の熱気とエネルギーが道路を埋め尽くし、激しく燃えた直後にちょろちょろとくすぶり、また一気に燃え広がる。見ていると自分も踊りたくなるんだよねー。日本人のDNAに、阿波踊りのリズムが刻み込まれているのかも。

個人的には、スタートと同時に、低い姿勢のまま一気に前進する舞蝶連がダイナミックでおもしろかった。華純連もアグレッシブだったし、顔芸がおもしろいだむだん連、伍楽連、天水連も印象に残った。

帰りに、保護猫カフェ「猫の家」に寄ったら、入店した直後に子猫ちゃんから「にゃーん!」と声を掛けられたので「はーい、こんにちは〜!」と自然に答えてしまい、店員さんに笑われた。

その後、声を掛けてくれた子がそばにきて、ぴとっと寄り添ってくれたり、私の脚を抱えて猫キック連発してくれたり、すごくかわいかった〜。他の猫カフェでは、ほとんどの猫がまったく相手してくれないんだけど、猫の家はフレンドリーな猫ちゃんが多いと思う。子猫たちの里親募集がそろそろ始まるそうで、もらわれちゃうと寂しいけど、幸せになってほしい。

猫の家
http://neconoiekoenji.blog.fc2.com/

posted by 豆ジャム at 18:31 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

「ねこあつめ」が楽しすぎ!

nekoatsume.jpg

5月に、Androidタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」を買って、念願の「ねこあつめ」を始めた。庭先と部屋の中に餌と遊び道具を置いて、集まってくる猫を眺めたり写真を撮るだけのアプリなんだけど、猫たちは、仰向けに寝っ転がりながらボールを抱えてごろんごろんしたり、ビニール袋をかぶったり、ケーキ箱の中に上半身だけ突っ込んだり……。かわいくてたまらん! 未だに毎日遊んでしまう。1回当たり、数十秒から数分間で済むのも手軽で良いんだよね。

開発者は、猫をただ眺めてるだけで幸せな猫好きの変態さ……いや、猫好きの気持ちをよくわかってる! 今まで、猫を主体としたアプリを開発し、大成功させるなんて、あの任天堂でさえなし得なかったのに。

ちなみに、ぽいんとさん、あかげさん、ハートっぽい模様のくりーむさんが特にお気に入り。でも、おっどさん、くつしたさんもかわいいなあ。てか、どの猫もかわいくて大好き。

なお、猫にはそれぞれ「せんとうりょく」という謎のパラメータが設定されている。せんとうりょくが高い猫は、高い場所が好きで、他の猫とあまり交わりたがらない気がするけど、どうなんだろう。



posted by 豆ジャム at 15:27 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

「みんないい子だねぇ」岩合光昭の世界ネコ歩きトークショー&サイン会

01.jpg02.jpg03.jpg

日本橋三越で開催中の「岩合光昭の世界ネコ歩き 写真展」(2015年5月20日-6月1日)のトークショーとサイン会(20-24日のみ開催)に参加した。会場に現れた岩合さんの第一声は「みんないい子だねぇ」だった! 世界ネコ歩きを見ている人たちにはおなじみのフレーズだよねー。私も、猫に向かって「いい子だねー」と話しかける癖がついてしまった。

市庁舎前の広場で鳩を捕まえて食べた後に教会の懺悔室へ行く猫の話とか、橋の上から雄猫を眺めていた雌猫が、すぐに蛇を捕まえる姿を見て切り替えの早さに驚いたとか、いたぶられて弱った蛇の上に別の猫が座って乗っかってるのを見ていったい何をやってるんだと思ったとか、撮影中の裏話がほとんどだった。

猫に怒られると精神的なダメージが大きいので、猫に怒られないよう岩合さんは常に注意しているそうで、子猫を撮影するときは必ず母猫の許可を得るように注意しているとのことだった。津軽編でコトラの出産を撮影した際は、コトラに怒られたので岩合さんとプロデューサーだけが残って撮影を続けたらしい。

イギリスでは、偶然居合わせた007シリーズの映画撮影スタッフと費用に関する話題になり、映画は5分間で約5億円かかっていると聞いた岩合さんが、NHKのプロデューサーにネコ歩きの撮影費用を確認したら、「5分で500円くらいですね」と言われたそうだ。予算オーバーした場合はスタッフの食事をアルコール抜きにするようプロデューサーから指示されるらしく、「皆様からいただいた視聴料で撮影しておりますので……」とコメントする岩合さんはいろんな意味でオトナだと思った。

また、海でサーフボードに乗せられた猫を撮影した際には、猫の表情が緊張していたため放送では使えなかったとのエピソードも披露された。視聴者も猫の表情には敏感なので、猫が少しでも嫌がる表情を見せた映像は使わないよう徹底しているそうだ。

なお、動画の撮影を中断してたまたまスチルカメラを構えたら、近くにいた猫が虫を捕まえようとして立ち上がったシーンを偶然撮影できたが、よく見ると虫が逃げている場面が写ってるとか、展示写真の解説も行われた。

トークショーの後は、物販コーナーに移動して、購入した図録にサインしてもらった。図録の表紙に載っている猫ちゃんがかわいいー、サインもうれしい!

【ギャラリートーク&サイン会】
・5月20日(水)-24日(日)
・各日とも午前11時、14時の2回
・サイン会は各回30分程度のギャラリートークの後に開催
・ギャラリートークご参加には入場券(大人800円)が必要
・図録または写真集を購入の先着200名限定

岩合光昭の世界ネコ歩き 写真展

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/iwago/index.html

posted by 豆ジャム at 15:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする