2016年08月30日

大量のゾンビに追われる恐怖と絶望! 東京ジョイポリス「ZERO LATENCY VR」



zon01.jpgzon03.jpgzon02.jpg



東京ジョイポリス内の「ZERO LATENCY VR」で、CGによる仮想空間とゾンビを目の前に投影するゴーグルと通信用のヘッドセットをかぶり、PCが入った4kgのバックパックを背負い、2kgの銃を手にとり、襲い来る大量のゾンビと戦うVRアトラクション「ZOMBIE SURVIVAL」を体験した。料金は合計2,600円(入場料800円、参加料1,800円)CGの解像度はあまり高くないのに、燃えさかるフィールドの中で、大量のゾンビが目前に迫ってくる恐怖感は半端なくて、「うわーーーーー、なんでこんなにたくさん(ゾンビが)いるんだよ、やられるうううう」と大声で叫びながら必死に走り回ってしまった。

会場の広さは約282平方メートルで、中央に柱があるロの字型のフィールドになっている。最大6人まで参加可能だけど、私が参加した回は、私も含めて2人しかいなかった。人数が減っても難易度は変化しないそうで、終盤に、6人でも対処が難しい大量のゾンビに追いかけられて、柱の周囲をぐるぐる回りながら銃を撃ちまくっていたらへとへとになり、「もうどうにでもしてくれ」という気分になった。よく、映画やアニメで、敵に囲まれて「さっさと殺せ!」なんていうシーンがあるけど、本当にそんな気分になるもんだね。ダメージが一定量を超えると「ゴースト」になり、10秒経過するまで何もできない状態になる。

ちなみに、銃のスイッチを押すと、トリガーを引きっぱなしで連射できるライフル、ショットガン、スナイパーライフルなどに切り替えられる。ライフルの弾を撃ち尽くすとリロード(自動)が必要だったり、近くの鉄パイプに弾が当たると跳ね返ってしまうので、隙間から銃の先端を突きだして、奥の空間にいるゾンビを狙い撃つシーンなどもあり、かなりリアルだった。至近距離のゾンビにはショットガンが効果的だけど、一発撃つ度に、銃の先にあるポンプを引いて弾を銃身に送り込む必要があるので、連発するとしんどい。スナイパーライフルで遠距離から一体ずつ狙い撃つ暇はなかった。

あと、フィールド内にはエレベーターがあり、2Fに上がれる。実際に上昇している訳じゃないんだけど、エレベーターの振動が伝わってきて、本当に高い場所に着いたように錯覚する。1Fに飛び降りるのも可能だけど、怖くてとても無理だった。前日に体験した「VR Zone」でも感じたけど、人間がいかに視覚的な情報に頼っているか、よくわかった。

上記のように、臨場感はかなりあるけど、ゾンビに殴られてる感覚が薄いので、視界が一瞬暗くなるとか、ヘッドセットや銃が振動すればもっと絶望感があって良かったと思う。

参加人数が2人だったせいか、15分間のゲームが終わる頃には汗だくでへとへとになり、3D酔いまで起こしてボロボロだった。次回は6人のフルメンバーの回に参加して、いろんな戦い方を試してみたい。

なお、基本的には事前予約制だけど、空き枠があれば会場内で当日参加も可能だった。

ZERO LATENCY VR - 東京ジョイポリス
http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/
posted by 豆ジャム at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

安倍マリオ!

リオ五輪の閉会式で披露された、東京五輪セレモニー「Love Sport Tokyo 2020」があまりにすばらしくて、何度も見てしまう。



押井守監督の攻殻機動隊を連想させる君が代アレンジに始まり、ありがちな伝統文化の紹介ではなく、パックマンや、キティちゃん、キャプテン翼など、アニメやゲーム、キャラクターに焦点を当てたり、1964年の東京五輪ポスターを意識したであろう演出、ジャズ中心の音楽、青森大学男子新体操部の演技、そしてまさかの安倍マリオ!

パヨクや、マスコミは安倍さんの支持率が上がるのが嫌なのか、安倍マリオには極力触れず、予算がかかりすぎだとか批判ばかりだけど、きちんとインフラ整備に投資して、国民が長期にわたって恩恵に浴せれば良いじゃないか。たとえば、代々木の国立競技場はエアコンなしとか正気の沙汰とは思えないし、東京中にミストを設置するとか、いろいろ猛暑対策をしてほしい。

てか、マスコミだって放映による莫大な収益があるはずだし、経済にとってはプラスになるのに、なぜネガティブな報道ばかりが目立つんだろうか。

安倍さんは、海外の一般人への知名度はあまりないかもしれないが、一国の首相がゲームキャラに扮して五輪をアピールしたのが良いんだよね。実際、海外では相当ポジティブな評価が多いようだ。批判的なのは、主に中国と韓国と日本のマスコミなんだよねえ。

【リオ五輪】椎名林檎が五輪の舞台であえて使った「あの曲」その意図は
https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/ringoegg?utm_term=.gqBVmnO1l#.ta107nVmK

posted by 豆ジャム at 10:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

猛暑日なのにポケモンほしさに公園を全力でダッシュ!

昨日、東京は猛暑日だったけど、仕事が終わってから、ポケモンGOのワンリキーとケーシィの巣になっていると噂の浜町公園に行ったら、かなりの人が集まっていた。

ワンリキーなどが出る度に、居合わせた人々が大移動するんだけど、到着してすぐに、公園の一角にものすごい人だかりができているのに気づいて移動してみたら、予想外のベロリンガーがいた! やったあああああ、初ゲットだー。

ほかにも、まさかのピカチュウが出現した際には、「ピカチュウ出た!?」とかいいながら、数十人が全力で出現場所に向かってダッシュを始めた。もちろん私も走ったけど、アドレナリンが一気に放出されて変な笑いが出た。大人の集団が、スマホやタブレットを持ちながら全力で公園をダッシュする光景はなかなかインパクトがあるよね〜。

3時間くらいねばって、タブレットのバッテリーが残り5%を切るまで、汗だくで狩りまくった結果、ワンリキー約30匹、ケーシィ4〜5匹と、イーブイ10匹以上、ペロリンガー、ピカチュウ、ミニリュウ、ニャース、フシギソウ、ストライクなどをゲット! これで、ワンリキーを一気に最終形態まで進化させられるわ、うれしい。てか、私はいったい何をやってんのか。

なお、公園内にはポケストップがたくさんあって定期的にモンスターボールを補充できるんだけど、数カ所で常にルアーモジュールが使用されており、コイキングやビートル、コラッタなどがじゃんじゃん出るので、片っ端から捕まえていたら、最後の方ではノーマルボールが底を突いてしまった。何らかの巣で狩りを行う場合は、ボールをたくさん補充しておいた方が良いね。

ちなみに、現在レベル27、図鑑は116種類登録されてる。今までポケモンにはまった経験がなかったのに、すっかりガチ勢になってしまった。

【ポケモンGO攻略】都内の隠れ優良スポット「浜町公園」が最高な5つの理由
http://rocketnews24.com/2016/08/16/787803/

shinjuku.jpg
日記を書いた後、ディグタの巣になっている新宿中央公園に行ったら、なぜかイシツブテを立て続けに3匹とシェルダーを1匹ゲットした後、うろうろしていたらやっとディグダが出始めた。P-GO SEARCHで出現場所をチェックしながら歩いてたら、「あっ、ピカチュウ」という声が聞こえたので、慌ててチェックしたら、なんと立て続けに2匹出現して、連続でゲット! 他にもブーバー、プリン、ピッピ、サンドなどをゲットできた。2日連続で大収穫だわ。あと、10kmの卵から、初めてのカビゴンが出た。

P-GO SEARCH
https://pmap.kuku.lu/


posted by 豆ジャム at 18:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする