2017年03月09日

ミュシャ展はスラヴ叙事詩5点の写真撮影が可能!

C6dqSl0UwAUkLFc.jpgC6dqRA7U8AA_Bug.jpgC6dpFObVAAAdkEs.jpg

C6dpBz1U0AIhe4h.jpgC6dpDo9UwAEaSn3.jpg

国立新美術館(乃木坂)で昨日から開催されているミュシャ展に行ったら、ミュシャのスラヴ叙事詩全20点中、5点の撮影とアップが可能だった!

最大で6×8m以上の作品もあり、とにかく巨大な作品群に圧倒された。チェコ国外で全点展示されるのは世界初で、これを逃したら日本ではもう一生見られないかもしれないぞ! 大きさだけでなく、描かれた人物の視線が鋭くて、目が合うと心を射貫かれる。

出世作「ジスモンダ」に代表されるポスターも展示されてるけど、暖炉の装飾など油絵も意外な作品もあって本当に良かった。個人的には、モネの「印象・日の出」を見たとき以来の衝撃だった。何度でも行きたいわ。

ミュシャ展

http://www.mucha2017.jp/
posted by 豆ジャム at 19:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック