2016年12月08日

「風景との対話 コレクションが誘う場所」web内覧会レポート

fuoo.jpgfu03.jpgfu05.jpg

12月1日(木)に東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催された、「風景との対話 コレクションが誘う場所」のweb内覧会に参加させていただいた。タイトル通り、日差しに映える緑が鮮やかな風景画や、東郷青児の平面的で特徴的な人物画とはまったく異なる、柔らかいタッチとパステルカラーで描かれたパリのスケッチ、展覧会の案内チラシを細かく切り貼りした作品、日本人画家によるシュルレアリスムの作品など、良い意味で予想を裏切られる展示が満載だった。

fu09.jpgfu08.jpgfu04.jpg

なお、内覧会の前半はギャラリートークで、学芸員の説明がなかったら、先述のチラシを使った作品(WALL、宮里紘規)とか、「空に播く種子」(豊島弘尚)が墨や銀箔を使った日本の伝統的な技法を用いた作品だなんて気づかなかった。空に播く種子は、近づいてみると、確かに箔足が見える。

fu01.jpgfu02.jpgfu06.jpg

学芸員によると、今回は、「よく言えば秘蔵の作品」ばかりで、普段展示する機会がない作品を集めたそうで、ユトリロ、東山魁夷、岸田劉生などの作品もあり、今回を逃すとなかなか見られない作品が多いそうでうれしい。

【開催概要】
・会  期:2016年11月26日(土)〜12月25日(日)
・会  場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
・休 館 日:月曜日
・開館時間:10時−18時(入館は17時30分まで)
・観 覧 料:一般600円、大高生400円、中学生以下無料
      ※20名以上の団体は各100円引き

http://www.sjnk-museum.org/


posted by 豆ジャム at 12:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444707949
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック