2016年08月31日

ピーターラビット展とジブリの大博覧会

ちょっと遅れて夏休みをとり、六本木で、国立新美術館の「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」とヒルズの「ジブリの大博覧会」、Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)で開催中の「ピータラビット展」などを見に行った。

●ピーターラビット展
「ピータラビット展」(10月11日まで)には、絵本の元になった「絵手紙」や、私家版のピータラビット、スケッチなどがたくさん展示されており、デッサン力と色彩感覚の豊かさがよくわかった。さまざまな絵本を読めるコーナーもあり、ピータラビット以外の作品はほとんど知らなかったけど、子猫のモペットが超かわいい!

日本では、1906年に、世界初となる翻訳版が「日本農業雑誌」に掲載されたそうで、フロプシーとピーターが「エロプシー」と「ペター」という名前になっている。

しかし、もっと衝撃的だったのは、1915年に「幼年の友」という冊子に掲載された「ピータロー兎」で、「昔、あるところに、太郎、二郎、三郎、ピータ郎という、四匹の兎が……」って、ピータ郎だけ異質すぎだろ! みにくいアヒルの子もびっくりだわ。隣のページに掲載された「機械馬」という四コマは、「よく駈けるし砲台にもなる」という機械馬に乗っていたら敵が現れたので、馬の背中を開け、中に隠れて鉄砲で応戦したら、敵が「馬だと思ったらほうだいだ、やられたやられた」とか言ってるだけでオチがないし、カオスすぎて笑いをこらえるのが大変だった。

ほかにも、紙芝居では原画にまったく似てないウサギの絵や、ギャグタッチで間抜けな猫の絵が描かれていたり、しばらく釘付けになってしまった。

ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展
www.peterrabbit2016-17.com/

gib01.jpggib02.jpg
●ジブリの大博覧会
六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー内スカイギャラリーで開催中の「ジブリの大博覧会」(9月11日まで)では、劇場版公開当時のポスター、マスコミ報道、トトロの等身大ぬいぐるみ、大人も乗れる猫バス、アリエッティのドールハウス、制作や宣伝スケジュールなどたくさんの資料が展示されており、見応えだけでなく読み応えのある内容だった。

特に、各作品のキャッチコピーを巡る糸井重里氏と鈴木プロデューサーとのやりとりを記したFAX用紙が個人的にはかなりおもしろくて、たとえば「平成狸合戦ぽんぽこ」では、「タヌキだって、タヌキなりにがんばってるんだ」という提案について「タヌキなりにの箇所がなんだかタヌキをおとしめついて差別があるのでイヤ」との意見があったり、「もののけ姫」のコピー案には「ハッピー?」などもあり、もののけノイローゼになってしまったという糸井氏の苦悩が伺えた。

ちなみに、金曜の夜に行ったんだけど、猫バスのコーナーでは、1組あたり2分間の時間制限が設定されていた。猫バス内の椅子は一応フワフワだったけど、顔や尻尾はカチカチでちょっと残念。

終盤には、ラピュタのオープニングに登場する飛行船の大きな模型が展示されており、宮崎メカ独特の無数のプロペラが回転しながら上下に動いていた。8月26日(金)にはミニコンサートが開催されて、もののけ姫のテーマなどが聞けてうれしかった。



ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで - 六本木ヒルズ

www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/


posted by 豆ジャム at 15:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック