2016年06月22日

宮崎マンゴーと梅酒とサクランボ酒とジャム

160621_2316081.jpg160621_2318411.jpg

日本橋三越の地下で、定価3,240円の宮崎産マンゴーが1,000円だったので奮発して買って、自宅で食べてみたら、今までに食べた外国産マンゴーとは次元が違う味だった! 酸味がはっきりと強いけど甘みもしっかりあって、桃に似てるんだけど、マンゴー独特の香りが鼻に抜け、後味がバターのようにまろやかなのにすっきりして、あまりにも衝撃的だったので日記に書いてしまった。

6月8日に、産まれて初めて梅酒を仕込んだ。あらかじめ用意した保存容器が3L用なので、青梅700gとホワイトリカー約1.26L、氷砂糖350gにした。残りの青梅300gは冷凍して、同量の氷砂糖と純りんご酢に漬けた。冷凍するとエキスが出やすいんだよね、炭酸で割って梅サワードリンクにして楽しむのだ。

160618_1459271.jpg160618_1804451.jpg

18日には、自宅近くの果物屋で佐藤錦を1kg購入(税抜き1,580円)して、サクランボ酒とジャムを作った。サクランボ300gに対して、梅酒に使った残りのホワイトリカー300mL(本当は540mLくらいだけど入らなかった)、氷砂糖70g、皮をむいたレモン1個を使用した。

160618_1632121.jpg160618_1742111.jpg

残ったサクランボ700gはジャムにした。ヘタと種をとって、果肉の重量に対して約40%のグラニュー糖をふりけけて水分を出し、ガンガン出るアクをとりながら煮込んで、レモン汁を大さじ1半入れて完成。

梅酒は年末、サクランボ酒は秋くらいに飲めるかな、楽しみ!

posted by 豆ジャム at 00:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック