2015年05月04日

ジャンボレモン(ポンテローザ)ピールとマーマレード

jumbo00.jpg

奈良のアンテナショップで「ジャンボレモン」という柑橘を初めて見かけた瞬間、ジャムを作りたいという衝動がこみ上げて、即購入! ネットで検索したら、アメリカではポンテローザと呼ばれているそうで、柚子の一種とレモンが自然交雑したと考えられているそうだ。

見た目はまさに巨大なレモンで、1個で660g以上もある。皮をむくと、白いワタの部分がかなり分厚く、果肉はレモンよりだいぶ酸味が少なくて、全然甘くない甘夏みたいな食感だった。糖度計で計測したら8.5%で、甘夏の糖度は11-12%、市販の100%レモン果汁の糖度は10%くらいなのでやはり甘みは少ない。

jumbo03.jpgjumbo01.jpgjumbo0.jpg

外皮をワタごと1、2mmに刻んで、3回ゆでこぼしてもまだかなり苦みが強かったので、一晩水に浸けて苦みを抜いた。水を吸った外皮390gから、ピール用に100gをとりわけて先に作業を開始する。20-30分ほど外皮を茹でて軟らかくなったら、同量のグラニュー糖と少量のレモン汁を加えて、水分が飛ぶまで加熱したら、クッキングシートの上へ重ならないように並べて、さらにグラニュー糖をふりかけて乾燥させる。

jumbo04.jpgjam.jpg

残った外皮290gと、内皮から取り出した果肉230gを合わせてぎゅうぎゅうもみこんだら数時間放置して、ひたひたの水を加えて煮込む。好みの柔らかさになったら、同量のグラニュー糖520gを2回に分けて加え、最後にレモン汁を大さじ1強入れて完成! 白いワタが透明になり、すごくきれいだった。こんな美しいジャムを作れるなんて幸せだわ。甘夏や夏みかんのマーマレードよりもさっぱりとして、わずかに苦みが残った。

乾燥中のピールを味見したら、ほどよい酸味と爽やかな香りが広がっておいしい!

ちなみに、ゴールデンウィークは自宅にこもって衣替えに集中してるんだけど、ニット類を手洗いしたら通常あり得ないほど疲れてしまってなかなか進まない! 他には、冷凍保存用のそぼろや、マーマーレード煮豚を作ったけど……食い物関連は楽しくはかどるのになあ。

ジャンボレモン/ポンデローザ/Ponderosa lemon
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/lemon-Jumbo.htm


posted by 豆ジャム at 21:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック