2014年06月07日

どこにでもありそうで1つしかない人生に涙を誘われる「リバースエッジ 大川端探偵社」

テレ東で毎週土曜日0:12-0:52に放映されている「リバースエッジ 大川端探偵社」は、浅草にある小さな探偵事務所に持ち込まれる小さな事件を描くドラマで、毎回、訪れた依頼人たちを形作ってきた人生の一部が垣間見えて、ラストで泣いてしまう。

昨日放映された「FILE.08女番長」も、高校生の時に不良からカツアゲされていた依頼者を助けたスケバン・麗子を探し出す話で、再開を果たして、飲み屋で昔話や今までの人生を語り合うだけなんだけど、これがまた良い話なんだわ! 依頼人は麗子のおかげで空手道場を開くまでになり、伝説的なスケバンだと思われていた麗子も実は紆余曲折があって、ほんの数分間の掛け合いや、表情、仕草から、2人が歩んできた人生が伝わってくるんだよね。

個人的に一番好きな話は、コスプレ専門のデリヘル嬢から、男の素性調査を依頼される「FILE.03ある結婚」だなー。毎回自分を指名してくるけど性的な関係を求めず、一緒に食事や買い物をするだけの男から結婚を申し込まれて……。あまりにも不器用なキスシーンに号泣したよ。

オダジョーの枯れたかっこよさ、アホっぽいけどピュアな面もある事務所の女の子、ひょうひょうとしてるけどただ者ではない雰囲気を漂わせる所長、オープニングとエンディングの曲もぴったりはまってる。1話完結だし、ぜひ見てほしいわ。

同じ監督のドラマ「湯けむりスナイパー」、「モテキ」、「まほろ駅前番外地」はどれもおもしろかった。モテキはDVD-BOXも買ったし、映画も良かったなー。

FILE.08女番長
http://www.tv-tokyo.co.jp/ookawabata/story/08.html
FILE.03ある結婚
http://www.tv-tokyo.co.jp/ookawabata/story/03.html
ドラマ24「リバースエッジ 大川端探偵社」:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/ookawabata/


posted by 豆ジャム at 18:13 | 東京 ☔ | Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]