2014年05月26日

(ネタバレあり)前回よりショッキングな展開だった第8話を含む「第二回シドニアの騎士宇宙最速上映会」

2014年5月25日に開催された「第二回シドニアの騎士宇宙最速上映会」で、地上波で放映済みの第5-7話と、未放映の第8話、キャストトークを観覧した。大画面で見る荒涼とした宇宙空間の絶望的な広さが印象的で、縦横無尽に飛び回る継衛や衛人のかっこよさも際立つね! 音響監督が直接劇場で調節した5.1chサラウンドのおかげで、爆発音やエンジン音が体に響き、テレビ版では聞こえなかった音もはっきり聞き取れたし、場面ごとに切り替わる音楽もより効果的に感じた。そして、第8話は、個人的に前回よりさらにショッキングで続きが気になる展開に……。

第二回「シドニアの騎士」宇宙最速上映会 詳細決定!
http://www.knightsofsidonia.com/news/index.html#04


※以下、シドニアの騎士第7、8話に関する重大なネタバレがあるので閲覧注意
※メモをとらず、思い出しながら書いているのでちょこちょこ内容を修正、追加します



●第7話
前回、なんで星白が戦死したのかわからず、1週間ずっと気になって仕方なかったけど、海苔夫の策略で冷静さを失い、ガウナの攻撃を喰らって意識不明の長道を助けようとしたのが原因だったのか……。ガウナに埋め込んだ爆破杭を、全員で一斉に爆破する予定だったのに、海苔夫が限定通信で長道だけに爆破命令を出してわざと失敗させてたけど、司令部では通信記録を把握してないんだろうか。後で調べればわかりそうなもんだが。

ともかく、失意のあまり食事もとらずに引きこもる長道は、熊(ヒ山)とイザナによって無理矢理外に引っ張り出されるが、英雄から一気に戦犯扱いになり、住人から石を投げられる。表から見える情報だけでは確かに長道を非難したくなるけど、「戦犯」だったら何をしても良いってことにはならないよなあ。人間の想像力なんて、自分が考えてるよりちっぽけなもんだしね。

しかし、「星白が死んだのはお前のせいだ」と言い放つ海苔夫とか、出撃命令が下って「また乗れる」と喜ぶ長道とか、人間の業や、どうしようもなさをさらっと容赦なく描写するのが良いわ。

あと、「対惑星誘導飛翔体」による惑星破壊も、いくらでも派手に描写できるだろうに、シドニアのメインモニターに表示されたシンプルなCGで地味に描いてるのも好きだ。

そういえば、海苔夫の妹が「海蘊」(もずく)って名前で笑ってしまった。サザエさんの磯野家かよ! 作者によるとシドニアでは海苔が貴重品だから、海苔夫という名前はかっこいいらしいけど、そういえば、第7話で長道が食べるおにぎりには海苔が巻いてあった。あと、毎回、継衛の発進時にスロットルをひねるのがバイクっぽくてかっこいいね。

●第8話

星白機をパイロットごとコピーした3体のガウナに対し、長道機を含めた計12機の衛人が討伐隊として出撃するが、通信機から星白の声が聞こえる。戸惑いながらも討伐隊は2体を撃破し、人間の形をした胞衣標本を長道が回収するも、異常な機動性を見せる最後の1体によって次々に衛人が撃破されていく。結局破壊できずに逃走を許してしまう(後に「紅天蛾=ベニスズメ」と呼称される)が、攻撃されると「痛い痛い」と叫び、衛人を破壊する度に「1機撃破」と言いながら無邪気に笑う、ガウナ版の星白が不気味だった。

ちなみに、海苔夫はなんと涙目で「来るなー!」とか言いながら戦意を喪失して、上映後のキャストトークでも「メンタル弱すぎ」と突っ込まれる始末だった。

前半の戦闘シーンだけでもかなり見応えがあったけど、後半は艦長やヒ山たちの過去、シドニアで人口の99%が失われた100年前の惨劇、長道の正体などが一気に語られる。そして、回収された胞衣標本は星白そっくりの姿になりつつあり、「タニカゼ君」とつぶやく……。

ヒ山は100年前も熊なんだね。回想シーンで、「首を引っこ抜くわよ!」「ララァはかわいいな」「んもぉー」とか言いながらヒロキとじゃれまくるヒ山がかわいかった。落ち込むヒ山さんを見て「野性を感じない」というイザナの台詞もおもしろかったなー。

     i⌒ ⌒i
    ∩|___|∩
   ノ      ヽ
  /  ●   ● | キーボードのHとJを見てみなさい
  |   ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ _ \.ヽノ /´>  )
(__|i∈.i ∞ヽ (_/
 |    V V   |

●キャストトーク
本編上映後に、星白閑役の洲崎綾さん、仄シリーズ役の喜多村英梨さん、小林艦長役の大原さやかさん、勢威一郎役の坪井智浩さんが作品の裏話などを語った。

洲崎綾さんはベニスズメをイメージした赤い衣装を着たと言ってたけど、どう見てもベージュに近いピンクだった。海苔夫が大嫌いで、海苔夫を演じる櫻井孝宏さんの声を聞くだけで腹が立つそうで、先述の「メンタル弱すぎ」発言も含めて海苔夫を非難しまくっていた。

喜多村英梨さんが演じる仄シリーズは当初11人登場するが、4人分は自分の中でキャラクター設定を考えて演じ分けているとのことだった。

大原さやかさんは、艦長の光合成シーンで、最初は温泉に入ったときのホッとした雰囲気をイメージしてため息をついたら、音響監督から「もう少し抑えて、色っぽく」と指示されたらしい。他のキャストも含めて、3D CGなんだから光合成シーンは別アングルにできるはずだとか、一郎と海苔夫の光合成シーンをBDの特典にしようか、そんなのうれしくない、なんだそのBLっぽい展開は! とかいろいろ盛り上がっていた。

坪井智浩さんは、長道には命令を無視されるし、上司にも部下にも恵まれず、さらに司令補からパイロットに配置転換された後の第8話では台詞がなかったそうで、先のBL発言に引っ張られたのか「リストラされてもクナト乗りになってがんばります」と間違えてしまい、「海苔夫が受けなんですね」とか総ツッコミを受けていた。

【思い出したので追記】
ちなみに、アニメの構成会議で、星白が尿を濾過するシーンを外そうとする人はいなかったらしい。

ほかにも、艦長の仮面について、一代限りならともかく、先代の艦長から受け継がれているとすれば、学校に置いてある剣道の防具みたいに臭いんじゃないかとの議論があった。「艦長はいい臭いだと信じてます」(洲崎綾さん)との発言に対して、「でも、スーツは臭いって描写があるし、代々受け継がれてるんならきっと臭いよ!」と全員で突っ込んでてちょっとおもしろかったわ。

なお、5月30日(金)には大阪と東京で、第1-8話までの振り返り上映会、6月29日(日)には第三回宇宙最速上映会が開催される。第三回宇宙最速上映会は第12話放送後だが、テレビでは放映されない内容を含めたディレクターズカット版になるとのことだった。坪井さんによると、4月に結構な量の追加アフレコを行ったらしい。

なんてこったい、シドニアの上映会に行くのは今回で最後にしようと思ったのに、また行ってしまいそうだわ。

好評に付き劇場上映会追加決定!5.1chサラウンドで贈る『「シドニアの騎士」振り返り上映会in東京・大阪』情報更新!!
http://www.knightsofsidonia.com/news/index.html#14




posted by 豆ジャム at 11:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]