2014年05月06日

(ネタバレあり)「シドニアの騎士」の次回放送が楽しみすぎる






※アニメ版「シドニアの騎士」に関する重大なネタバレがあるので閲覧注意





現在第4話まで放映中のSFアニメ「シドニアの騎士」があまりに自分好みでおもしろすぎて、次回の放映が待ちきれない! 特に、最新話は、最精鋭の討伐隊をあっという間に全滅させ、捕縛した衛人を放り投げた反動で重質量砲弾を避け、そのままシドニアに突進する奇居子(ガウナ)を回避するために行った斜め方向への急加速のせいで重力制御が追いつかず、シドニア内の建造物が次々に崩壊し、落下した住人が圧死していく悲惨な状況から、カビザシ回収に出た主人公の長道が奇居子を倒すまでの流れが熱すぎてたまらない。何度も繰り返し見てしまう。

以前、同じ作者(弐瓶勉)がアフタヌーンで連載していた「BLAME!」という漫画は重厚な世界観で好きだったけど、ストーリーや設定がまったく理解できなかった。シドニアの騎士は、緻密に作り込まれた設定と世界を比較的わかりやすく毎回提示してくれるので、原作を読んでいなくても割と理解しやすい。

ちょっと調べれば、よく登場する「ヘイグス粒子」は宇宙空間に無尽蔵に存在するとか、奇居子は胞衣(エナ)を変化させて防御や攻撃に利用しており、まず胞衣をはがして、露出した本体に「カビザシ」と呼ばれる槍を刺さなきゃ倒せないとかいろんな設定がわかる。

他にも、人型兵器の衛人(もりと)は、同時に出撃した他の機体と手をつないで「掌位」というフォーメーションを組むと通常の数倍の推力が得られるとか、シドニアの船体が貫く岩の塊は「天然資源塊」で、船体の周囲は衝突物からの防御用に「船殻被氷層」で覆われてるとか細かい設定が満載で、理解が深まるに従って想像の余地も広がって楽しいんだよねー。

あと、シドニアの標準言語は日本語なようで、シドニアの司令室や衛人のモニターに映る日本語表示がかっこいい! 「高ヘイグス粒子反応」、「遠距離レーダー起動」、「通信途絶」とか、カビザシの「カビ」や奇居子の「ガ487」といった略称表記もいかしてる。

フルCGなので人物の動きや表情はぎこちなくてちょっと残念だけど、それ以外は大満足! アニメの次回放送がこんなに楽しみなのは久しぶりだわ。



シドニアの騎士
http://www.knightsofsidonia.com/
はしゅ船 シドニア断面図
http://i.imgur.com/SKk1rGO.jpg

 
posted by 豆ジャム at 01:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]