2016年09月20日

ある意味VR的な衝撃! 「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

sie06.jpgsie01.jpgsie08.jpg
ミュンヘン五大陸博物館蔵 (C)Museum Fünf Kontinente

東京都江戸東京博物館(両国)で11月6日(日)まで開催の「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」(一般1,400円)ブロガー内覧会に参加した。シーボルトといえば、日本地図を海外に持ち出そうとして失敗した「シーボルト事件」しか印象になかったけど、「文化相対主義」にかなり近い信念を持ち、日本に魅了されて、出島滞在を始めてから数カ月で、日本博物館(民俗学博物館)を故郷に開くと決意したらしい。合計約6年間の日本滞在を通じて漢方薬や歯磨き粉などの日用品、灯籠型の弁当箱やカツオ型の皿、鳴滝塾や商家の精巧な家屋模型、麦わら細工や小箪笥、蒔絵といった美術品から、振り袖や長崎くんちの法被、将軍家茂から贈られた刀、日本人の肖像画や動植物のスケッチなど6,000種類以上のグッズを集めまくり、その中から選ばれた約300点が今回の展示会場に並んでいる。日用品にさえ技巧や遊び心を散りばめた、当時の日本文化を見た外国人の驚きを、時代を隔てた日本人も追体験できる、ある意味VR的な意外性と衝撃を感じた展覧会だった!

sie07.jpgsie05.jpg
ミュンヘン五大陸博物館蔵 (C)Museum Fünf Kontinente

個人的にかなりおもしろかったのは、銅製卵焼鍋、持ち運び用の燗銅壺、屋外での酒宴に用いた弁当箱「四季草花蝶鳥翁散文蒔絵提重(さげじゅう)」、「鉄線蒔絵灯籠形弁当箱」、「船形漆塗弁当箱」、カツオを模した「魚型蓋物」といったグッズで、魚型蓋物に、当時と同様に刺身などを盛って食ってみたい! と思った。他にも、展示されてないけど鶴形の容器もあったらしい。船形漆塗弁当箱は二段のお重と小皿や酒器を乗せて、庭の小川に浮かべて流していたそうで、なんだそりゃ、流しそうめんの100億倍楽しそう。なんで現代では廃れてしまったんだ、ぜひぜひ復活させてほしいわ。

sie04.jpg
ミュンヘン五大陸博物館蔵 (C)Museum Fünf Kontinente

あと、黒字にカラフルな花や鳥を描いた「花鳥螺鈿シガレット箱」、「花鳥螺鈿嗅ぎ煙草入」は鮮烈で、こんなスマホケースがあったら欲しい!

sie09.jpg
ミュンヘン五大陸博物館蔵 (C)Museum Fünf Kontinente

麦わら細工の「幾何学文六角皿」は、六角形に加工する技術が途絶えてしまい、城之崎の職人たちがミュンヘン五大陸博物館で実物を見学し、共同でなんとか再現して「城崎麦わら細工伝承館」に展示したところ、ミュンヘンからクレームがついたそうで、内覧会のギャラリートークを担当した江戸東京博物館の副館長が、商業利用ではないと説明して何とか納得してもらったとのエピソードも披露された。

他にも、持ち出しに失敗したと思われていた地図の複製「伊能特別小図写(西日本)」のような近年発見された資料、日本で事実上の夫婦生活を送っていたタキへの愛情を綴った手紙など、見所が多すぎて紹介しきれない。

会場の展示にもある通り、シーボルトは、民俗学博物館設立の計画草案で「対象とする民族を野蛮な、未開の人びとと見なすのではなく、(中略)同等の権利を有する民族共同体の一員として容認させるべきである」と記していたそうで、あくまで日本人と日本文化を中立的かつ対等な目線で観察していたのが好印象だった。

展示品を見ていると、オタク的なコレクター魂を感じて、親近感もわいてくる。学位の授与と引き替えに日本人の門下生を酷使して植物などを納めさせたり、将軍に謁見するために江戸に向かって移動している最中でもすぐに籠から降りて採取やスケッチを始めるので、「私の籠にはメモ帳とペンしか乗っていないから、籠担ぎは楽だったろう」と話していたそうだ。そんなシーボルトの生き様やコレクションについて熱く語りまくる副館長を始めとする、研究者の熱意が詰まった展覧会をぜひ見に行ってほしい!

sie10.jpgsie02.jpgsie03.jpg
ミュンヘン五大陸博物館蔵 (C)Museum Fünf Kontinente

よみがえれ!シーボルトの日本博物館
http://siebold-150.jp/


posted by 豆ジャム at 12:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

びじゅチューン!の「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織」

昨晩から、NHKで放映中の「びじゅチューン!」という番組で放映された「噴火する背中」という歌とアニメが頭の中で何度もエンドレスリピートしてる。

仕事を終えたサラリーマンのお父さんが家に帰ったら、奥さんが、豊臣秀吉が着たと言われる「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織」(ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり)を羽織って怒りをアピールしていたという歌で……と説明しても何を言ってるのかわからないと思うので、とにかく動画をみてほしい。

「Why? なぜママは怒ってる」「嗚呼 我が家の暴龍鶏王が お怒りだー」のリズム感や、風でぶるんぶるん揺れるママの髪とか、緩む「気」とか、微妙に崩れた絵の躍動感にインパクトがありすぎて何度も再生したくなる。

てか、ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおりって叫びたい。モホロビチッチ不連続面とか、デトマソパンテーラに続き、言ってみたいけど機会がない言葉の仲間入りだわ。

他にも、「Walking! ニケ」や「武蔵の遅刻理由」、「姫路城と初デート」、「委員長はヴィーナス」あたりが個人的にオススメ!

びじゅチューン!
http://www.nhk.or.jp/bijutune/

posted by 豆ジャム at 14:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

お台場でラプラスダッシュ、ヒトカゲ目指して三万歩そしていこいの湯

zukan.jpg

金曜日、ポケモンGOのラプラスほしさに、仕事が終わってからお台場の潮風公園に行った。2時間以上経過しても出なくてあきらめかけていたら、近くにいた人たちが突然ダッシュを始めたので、よくわからないまま私も着いていった。途中で、隣を走っていた方に確認したら「ラプラスが出たらしいです」とのことで、10分以上かけて出現ポイントである船の科学館近くに着き、ラプラスが消える約2分前にゲット!!

噴き出る汗をぬぐいながら周囲を見回したら、数百人がひしめている! 船の科学館周辺にこれほど人が集まったのを見たのは、第1回フジテレビデモ以来だわ。

無事にラプラスをゲットした人たちが「この場にいる人たち全員とハイタッチしたい」「来て良かったー!」と言ってるのを聞いて、うんうんとうなずいてしまった。22時頃、ラプラスをゲットした皆さん、おめでとう。こんなに一体感があるゲームって、今までに遊んだことないかも。役に立たないことに全力で取り組んで楽しむって、良いよね。

土曜日は、多摩境駅近くの小山内裏公園で、3時間半かけて何度も公園を周回して、24匹のヒトカゲをゲットした。5、6匹に逃げられたから、4時間くらい歩けば最終進化に必要な飴は集まると思う。公園内には、周辺部分を除いて電灯がないので、18時過ぎ頃からかなり暗くなり、19時には完全な闇になっていた。他の人がいないと、自分がどこにいるのかまったくわからない! 懐中電灯は持ってないけど、せめて自転車用のライトだけでも持参すれば良かった。

なお、公園周辺にはカビゴン、カイリュー、サワムラーが出現したけど、徒歩では絶対間に合わない場所が多くて、サワムラーしかゲットできなかった。

その後、公園から20分以上歩いて「いこいの湯」多摩境店に行った。入場料は平日720円、土日祝930円で、外湯が掛け流しの温泉になっており、檜の湯、寝転がった体の半分くらいの高さまでお湯が張られた寝湯などがあり、のんびりとお湯に浸かった。南大沢まで無料送迎バスがあるし、かなりオススメ。

なお、いこの湯で販売されていた「おかべや」の豆腐と、ノンオイルのパンを自宅でいただいたら、豆腐は味が濃いし、パンもふわっとしておいしかった。

帰宅して、ケータイの歩数計を確認したら3万歩以上カウントされてた。ほとんど休憩をとらなかったし、1日でこんなに歩いたのは、もしかしたら人生で初めてかも? ポケモンGOがなかったら、小山内裏公園を散歩することもなかったし、いこいの湯にも一生入らなかったと思う。

ヒトカゲをリザードンに進化させたおかげで、図鑑は140種類まで埋まった。現時点で、国内で入手可能なポケモンは142種類で、残りはエビワラーとラッキーなので、日曜日もお台場に行ったけど結局つかまらなかった。帰宅してから確認したら、私がお台場を出た1時間後にラッキー、3時間後にエビワラーが、よりにもよってずっと山を張っていた場所に出てた。悔しい。今日は3匹目のカビゴン(2匹はお台場、1匹は10kmの卵)と、ピカチュウ5匹をゲットしたのが収穫かなあ。

お台場は範囲が広いし、ルアーモジュールに引き寄せられたポケモンは、ヘタをすると気付いてから数十秒で消えてしまうので、走っても間に合わないことが多いんだよねえ。

それにしても、お台場はすごい! 他の場所では見たことすらない、ラプラス、カビゴン、エビワラー、サワムラーはもちろん、だいぶ出現頻度は落ちるけどカブトプス、カメックス、ゴーリキー、ゴローニャ、パルシェン、ジュゴン、フーディン、ポリゴン、オコリザル、ラッキーまで出るんだもんなあ。時間と体力とタブレットのバッテリーがもてば、一日中いたいくらいだわ。

東京多摩の日帰り温泉・岩盤浴|天然温泉 「いこいの湯」多摩境店
http://www.ikoinoyu.com/


posted by 豆ジャム at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする