2016年08月31日

ピーターラビット展とジブリの大博覧会

ちょっと遅れて夏休みをとり、六本木で、国立新美術館の「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」とヒルズの「ジブリの大博覧会」、Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)で開催中の「ピータラビット展」などを見に行った。

●ピーターラビット展
「ピータラビット展」(10月11日まで)には、絵本の元になった「絵手紙」や、私家版のピータラビット、スケッチなどがたくさん展示されており、デッサン力と色彩感覚の豊かさがよくわかった。さまざまな絵本を読めるコーナーもあり、ピータラビット以外の作品はほとんど知らなかったけど、子猫のモペットが超かわいい!

日本では、1906年に、世界初となる翻訳版が「日本農業雑誌」に掲載されたそうで、フロプシーとピーターが「エロプシー」と「ペター」という名前になっている。

しかし、もっと衝撃的だったのは、1915年に「幼年の友」という冊子に掲載された「ピータロー兎」で、「昔、あるところに、太郎、二郎、三郎、ピータ郎という、四匹の兎が……」って、ピータ郎だけ異質すぎだろ! みにくいアヒルの子もびっくりだわ。隣のページに掲載された「機械馬」という四コマは、「よく駈けるし砲台にもなる」という機械馬に乗っていたら敵が現れたので、馬の背中を開け、中に隠れて鉄砲で応戦したら、敵が「馬だと思ったらほうだいだ、やられたやられた」とか言ってるだけでオチがないし、カオスすぎて笑いをこらえるのが大変だった。

ほかにも、紙芝居では原画にまったく似てないウサギの絵や、ギャグタッチで間抜けな猫の絵が描かれていたり、しばらく釘付けになってしまった。

ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展
www.peterrabbit2016-17.com/

gib01.jpggib02.jpg
●ジブリの大博覧会
六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー内スカイギャラリーで開催中の「ジブリの大博覧会」(9月11日まで)では、劇場版公開当時のポスター、マスコミ報道、トトロの等身大ぬいぐるみ、大人も乗れる猫バス、アリエッティのドールハウス、制作や宣伝スケジュールなどたくさんの資料が展示されており、見応えだけでなく読み応えのある内容だった。

特に、各作品のキャッチコピーを巡る糸井重里氏と鈴木プロデューサーとのやりとりを記したFAX用紙が個人的にはかなりおもしろくて、たとえば「平成狸合戦ぽんぽこ」では、「タヌキだって、タヌキなりにがんばってるんだ」という提案について「タヌキなりにの箇所がなんだかタヌキをおとしめついて差別があるのでイヤ」との意見があったり、「もののけ姫」のコピー案には「ハッピー?」などもあり、もののけノイローゼになってしまったという糸井氏の苦悩が伺えた。

ちなみに、金曜の夜に行ったんだけど、猫バスのコーナーでは、1組あたり2分間の時間制限が設定されていた。猫バス内の椅子は一応フワフワだったけど、顔や尻尾はカチカチでちょっと残念。

終盤には、ラピュタのオープニングに登場する飛行船の大きな模型が展示されており、宮崎メカ独特の無数のプロペラが回転しながら上下に動いていた。8月26日(金)にはミニコンサートが開催されて、もののけ姫のテーマなどが聞けてうれしかった。



ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで - 六本木ヒルズ

www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/


posted by 豆ジャム at 15:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黎明から新時代の先駆けまで――国立新美術館「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」

10月10日(月)まで国立新美術館(六本木)で開催中の「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」で、さまざまな宗教画を鑑賞した。時代を追ってヴェネツィアのルネサンス美術を紹介する構成になっており、初期の頃は、現代の絵画と比較すると奥行きの表現などが稚拙だけど、後の印象派に通じるような光と影の表現を用いて受胎告知をドラマチックに描いたティツィアーノの登場に続き、巨匠たちの後継者となり、リアルな肉体表現を追求して新たな時代の先駆けとなった画家たちの作品まで、計57点が展示されている。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオの「受胎告知」(1563-65年頃、ヴェネツィア、サン・サルヴァドール聖堂)は、暗雲が立ちこめる中、大天使ガブリエルがマリアにキリストの受胎をまさに告げようとしている瞬間を描いており、写真もなかった時代の人々にとってどれほど衝撃的だったか、いろいろ想像が膨らむ。

そういえば、ルノワールはティツィアーニを敬愛していたそうで、先日まで、同じ美術館でルノワール展が開催されていたのもおもしろい偶然だね。

日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

http://www.tbs.co.jp/venice2016/
期間:2016年7月13日(水)- 10月10日(月・祝)
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
休館日:火曜日
開館時間:10時−18時(金曜日は20時まで)
入場料:大人1,600円


2016年08月22日
光り輝く希望の赤、朱、紅――ルノワール展

http://mamejam.seesaa.net/article/441238651.html

posted by 豆ジャム at 15:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

大量のゾンビに追われる恐怖と絶望! 東京ジョイポリス「ZERO LATENCY VR」



zon01.jpgzon03.jpgzon02.jpg



東京ジョイポリス内の「ZERO LATENCY VR」で、CGによる仮想空間とゾンビを目の前に投影するゴーグルと通信用のヘッドセットをかぶり、PCが入った4kgのバックパックを背負い、2kgの銃を手にとり、襲い来る大量のゾンビと戦うVRアトラクション「ZOMBIE SURVIVAL」を体験した。料金は合計2,600円(入場料800円、参加料1,800円)CGの解像度はあまり高くないのに、燃えさかるフィールドの中で、大量のゾンビが目前に迫ってくる恐怖感は半端なくて、「うわーーーーー、なんでこんなにたくさん(ゾンビが)いるんだよ、やられるうううう」と大声で叫びながら必死に走り回ってしまった。

会場の広さは約282平方メートルで、中央に柱があるロの字型のフィールドになっている。最大6人まで参加可能だけど、私が参加した回は、私も含めて2人しかいなかった。人数が減っても難易度は変化しないそうで、終盤に、6人でも対処が難しい大量のゾンビに追いかけられて、柱の周囲をぐるぐる回りながら銃を撃ちまくっていたらへとへとになり、「もうどうにでもしてくれ」という気分になった。よく、映画やアニメで、敵に囲まれて「さっさと殺せ!」なんていうシーンがあるけど、本当にそんな気分になるもんだね。ダメージが一定量を超えると「ゴースト」になり、10秒経過するまで何もできない状態になる。

ちなみに、銃のスイッチを押すと、トリガーを引きっぱなしで連射できるライフル、ショットガン、スナイパーライフルなどに切り替えられる。ライフルの弾を撃ち尽くすとリロード(自動)が必要だったり、近くの鉄パイプに弾が当たると跳ね返ってしまうので、隙間から銃の先端を突きだして、奥の空間にいるゾンビを狙い撃つシーンなどもあり、かなりリアルだった。至近距離のゾンビにはショットガンが効果的だけど、一発撃つ度に、銃の先にあるポンプを引いて弾を銃身に送り込む必要があるので、連発するとしんどい。スナイパーライフルで遠距離から一体ずつ狙い撃つ暇はなかった。

あと、フィールド内にはエレベーターがあり、2Fに上がれる。実際に上昇している訳じゃないんだけど、エレベーターの振動が伝わってきて、本当に高い場所に着いたように錯覚する。1Fに飛び降りるのも可能だけど、怖くてとても無理だった。前日に体験した「VR Zone」でも感じたけど、人間がいかに視覚的な情報に頼っているか、よくわかった。

上記のように、臨場感はかなりあるけど、ゾンビに殴られてる感覚が薄いので、視界が一瞬暗くなるとか、ヘッドセットや銃が振動すればもっと絶望感があって良かったと思う。

参加人数が2人だったせいか、15分間のゲームが終わる頃には汗だくでへとへとになり、3D酔いまで起こしてボロボロだった。次回は6人のフルメンバーの回に参加して、いろんな戦い方を試してみたい。

なお、基本的には事前予約制だけど、空き枠があれば会場内で当日参加も可能だった。

ZERO LATENCY VR - 東京ジョイポリス
http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/
posted by 豆ジャム at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする