2015年12月22日

ラトビアのカラフルでかわいい猫の銀貨を自分へのクリスマスプレゼントに購入!

omote.jpgura.jpg

自分へのクリスマスプレゼントに、ラトビア政府発行の「猫の銀貨」をお取り寄せ!

「5匹の猫」というラトビア民話をモチーフで、1万枚限定だそうで、発行偶然写真を見かけてあまりのかわいさに一目惚れして、ポーランドの通販サイト「バルトコイン」から購入。コインの額面は5ユーロ(約650円)で、最初の販売価格は39ユーロ(約5,109円)だったらしいけど、私が購入した際は75ユーロ(約9,825円)で、今日確認したらなんと95ーロ(約12,445円)になってた!

表面には、ラトビアの国旗ぽい赤・ピンク・グレーのストライプの布団をかぶってベッドで寝ている5匹の猫が、裏面にはオートミールを入れた器(蜂蜜にしか見えない)を持つ猫が描かれている。オートミールは黄色で蜂蜜みたいだし、器の緑と、赤いネクタイがカラフルで素敵。

久々の海外通販で不安だったけど、注文からわずか5日間で届いてうれしい! 毎日眺めて幸せな気分に浸ってる〜。

ラトビアで誕生した猫の銀貨が可愛い(画像・動画)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/01/latvijas-banka_n_8687068.html
バルトコイン
http://www.baltcoin.lv/eng/

posted by 豆ジャム at 10:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

靖国爆破テロ「もう1回やろうと」思って再入国

先日の靖国神社での爆破テロ容疑者である韓国人がいきなり再入国したのは、犯人をかばえば国際的な批判を受け、日本政府に引き渡せば国民から反発されるので行き詰まった韓国政府が内密で日本に送り出したんだろうと思ったら……。実際には、火薬を持ち込んで「もう1回やろうと」思ったとか、さすがに予想できなかった。

韓国政府は容疑者に監視を付けず野放しで、さらに韓国の空港でもチェックされなかったとか、あまりにもずさんすぎるし、ノービザで入国可能な現状を改めた方が良いんじゃないだろうか。首相官邸や外務省、国交相、国家公安委員会・警察庁に意見を送ろうと思う。

あと、明らかにテロなのに、日本のマスコミが「靖国爆発音」と報道してるのも疑問。事件当日は七五三で、たまたま爆弾は不発だったけど、もしテロが“成功”したら子供が犠牲になっていた可能性もあるのに……。

韓国側の監視体制の甘さと、日本の報道が再入国を招いた気がしてならない。再入国の際も帰りのチケットを持ってたらしいから、簡単に実行して帰れると思ってたんでしょう。

逮捕時、爆発物の材料所持 韓国人容疑者「靖国は失敗、もう1回やろうと」
http://www.sankei.com/affairs/news/151211/afr1512110002-n2.html

韓国政府 日本メディアの報道に抗議=靖国爆発音事件
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2015/12/10/0800000000AJP20151210002500882.HTML

首相官邸 ご意見・ご感想
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

各府省への政策に関する意見・要望

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
※外務省、国交相、国家公安委員会・警察庁にチェックして送付

posted by 豆ジャム at 11:09 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 怒り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする